トップページへ戻る

デイケア(通所リハビリテーション)

介護サービス一覧に戻る

デイケア(通所リハビリテーション)

デイケアとは、要支援、要介護状態と認定された利用者に対し、家庭から通いながら、心身機能の維持回復を目的に医学的管理の下で作業療法、理学療法などのリハビリテーション、食事、入浴、レクリエーション等のサービスを提供し、利用者がその有する能力に応じ自宅で、より自立した日常生活を営む事が出来るように、支援する事業所です。

【対象者】
  • ・65歳以上の第1号被保険者で要介護状態と認定された方
     (要支援1・2、 要介護1・2・3・4・5)
  • ・40歳以上65歳未満の第2号被保険者で要介護状態であって、その要因が
     特定疾病によるものであると認定された方。
【サービス提供日・時間・利用定員】
営業日 月曜日〜土曜日(祝日は営業)、週一回から利用可
※年末・年始は営業していません。
営業時間 9:30〜16:30
(6時間以上8時間未満、送迎時間はその前後1時間)
利用定員 35名/日(介護予防通所リハビリテーション含む)
【職員からの一言】

多人数でのレクリエーション、行事を多数行い、楽しみを持って利用してもらえるように日々工夫しています。また利用者一人一人に応じた書道・化粧・フットケア・くもん学習療法・口腔ケア等を実施しています。

【デイで過ごされている様子】
【ご利用までの流れ】
流れ
【見学(希望者のみ)】

見学は随時受け付けていますが、事前の連絡が必要です。

【体験利用(希望者のみ)】

バイタルチェック・入浴・昼食・口腔ケア・レクリエーション・集団リハビリ等の体験利用ができます。(食事・おやつ代として600円が必要です。)

【看護師からのお願い】
  • ・万一急変等の場合、家族に連絡のうえ協力病院等に救急搬送することがあります。
  • ・血圧の異常や発熱などの不調を発見した場合には、速やかに家族に連絡します。状態により病院の受診や帰宅をお願いすることがあります。
  • ・定期的に薬を内服されている方で、薬の種類が変わったり、増減があった場合には、投薬カード(薬局などでもらう物)の写しを提出してください。
  • ・緊急連絡先・内服薬などに変更があった場合は、速やかに連絡帳などでお知らせください。

※何か不明なこと、お困りな事、あるいは当施設への意見がありましたら、その都度、遠慮なく申し出てください。

【その他】
■個別リハビリ
担当リハビリスタッフ(理学療法士、作業療法士等)が実施します。
■入浴
午前中に行います(一般浴、リフト浴、特浴があります。)
■排泄
随時、必要に応じて介助します。
■水分補給
飲み物はお茶を用意しています。(希望者には有料でコーヒー・紅茶・カルピス・ゆず茶・しょうが湯・ココア等を準備しています。)
■フットケア
在宅生活を長く続けられるように、足のトラブルを予防・解消する事を目的に足の皮膚、爪の必要な処置を行っています。また足湯・足もみとして約5分間お湯で足を温め、横になりながら温まった足を20分から25分間マッサージします。
■くもん学習療法
認知症の予防と改善を目的に、利用日に学習教材を用いてスタッフ(くもん学習療法士取得)と30分間、コミュニケーションを取りながら実施します。
【用意いただくもの】
  • ・服装は動きやすく、靴はリハビリのしやすいかかとのあるものを用意ください。(女性の方もできればズボンでお願いします)
  • ・連絡帳・歯ブラシ・内服等
  • ・入浴する方のみ…バスタオル、フェイスタオル、ビニール袋、着替え一式、リハビリパンツ等、褥瘡や傷などの処置が必要な方は防水シートや 処置セットを用意ください。
  • ・喫茶代金、昼食後・おやつ時に希望者はコーヒー・紅茶・カルピス・ゆず茶・しょうが湯・ココア等、希望者のみ提供しています。(お茶はもちろん 無料で皆様に提供しています)

※石鹸、シャンプー、リンス、化粧水、整髪剤は施設で用意しています。

【フットケア】

デイケアでは足力アップとリラックスを目指す為にフットケアの取り組みを実施しています。

高齢者はバランス感覚機能が低下しており、足や爪に問題があると痛みの為に歩行が不安定になり転倒しやすくなる。足のトラブルを予防・解消し、在宅生活を長く快適に続けられるようフットケアの取り組みを行っています。

初回利用の入浴時に爪の状態・皮膚のトラブル・浮腫の有無などのチェックを行う。

歩行状態を考慮した上で必要なフットケアを選択、利用者の一覧表を作成しています。爪の状態に合わせた爪切り処置や、皮膚の乾燥に対して保湿クリームの塗布、浮腫には下肢挙上や運動を実施しています。

褥瘡・化膿創・白癬・胼胝・魚の目・巻き爪等のトラブルがある場合はケアマネージャーを介して受診を促し、主治医の指示のもと処置を実施しトラブルの改善に努めています。現在は更に発展し、希望者には足湯・足もみを有料にて提供しています。



■知識、技術の向上
外部の研修会などで得た内容を伝達、プロジェクトチーム全体で共有し、知識・技術を高めています。その後スタッフと利用者へ伝えフットケアへの関心を促す。例えば、入浴後の足趾間のふき取りがしっかりとできていなかったことに着目し、脱衣室内に“足をふきましょう”と掲示し、ふき取り手順の統一をはかりスタッフの意識を高めている。足浴やマッサージの技術も伝達講習し、全員が同じレベルでケアできる仕組みを整えています。

■連携
歩行状態や足趾の力具合を観察し、靴が適していない方には福祉用具部門へ靴選びの協力の依頼、訪問介護においてはデイケアと重複されている方の共同観察やアドバイスを実施しています。リハビリ部門ともさらに掘下げた情報の共有を行い、利用者やその家族へのフィードバックが出来るルートを整えています。