トップページへ戻る

介護サービスのご紹介

診察

リハビリテーションでは、利用者の運動能力維持・向上・日常生活の自立度及び生活の質を高めるため、医師の処方により、理学療法士・作業療法士による評価・訓練・日常生活指導を行います。また、個々の利用者の状態の変化に応じ、最適な訓練プログラムをもとに運動能力の維持または向上をめざし訓練を行っています。
入所され、在宅復帰を目標とされる利用者には、退所前訪問を行い自宅環境を考慮し、訓練を実施しています。
通所リハビリテーションでは、出来るだけ自宅で長く生活していただくために、安心して生活していけるよう、自宅での動作等を考慮したリハビリテーションを行っています。

【訓練回数】
・入所
週2回(月〜土曜日)程度
在宅復帰を目標とする場合…3回〜4回程度
(3ヶ月間、短期集中リハビリの場合)
・通所
利用日に実施します
【在宅訪問】
・在宅へ帰る利用者様には、退所前に在宅訪問を行っています。実際に生活する家屋環境のチェックを行い住宅改修のアドバイス、
 福祉用具の選定、介助方法を家族へ指導・アドバイスを行います。

【リハビリテーションの様子】

プーリー
【プーリー】

腕の上下運動。肩関節の動きを良くします。

オムニローダー
【オムニローダー】

足を前後に動かし、負荷をかけることで膝〜太ももに力をつけます。

ホットパック
【HP (ホットパック)】

痛みの箇所にパックをあて、表面から温め、痛みを和らげます。

エルゴライザー
【エルゴサイザー】

自転車こぎ運動。
脚に力をつけ、関節の動きを良くします。

マイクロ
【マイクロ】

痛みの箇所にマイクロ波をあて、体の奥から温め、痛みを和らげます。